[土浦市] iPhone データバックアップ

投稿日: カテゴリー: iPhone コラム

こんにちわ![br num=”1″]
スマホステーション土浦ピアタウン店です。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
本日はデータバックアップについて。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
まずは、いつバックアップするの?というところから。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
→iosアップデート中にiPhoneがフリーズしてしまい初期化が必要な時
[br num=”1″]
→iPhoneのタッチパネルが反応しなくて初期化が必要な時
[br num=”1″]
→iPhoneの電波が圏外や検索中になり初期化が必要な時
[br num=”1″]
→カメラのピントがぼやけるか真っ暗になり初期化が必要な時
[br num=”1″]
→Wi-FiやBluetoothが接続できなくて初期化が必要な時
[br num=”1″]
→ネットが繋がらなくて初期化が必要な時
[br num=”1″]
→パスコードのロックを忘れて初期化が必要な時
[br num=”1″]
→通話時に声が聞こえなくて初期化が必要な時
[br num=”1″]
→GPSを使うアプリでGPSの調子が悪く初期化が必要な時
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
なんかiPhoneの調子がおかしいなって時は、修理よりもまずは初期化をしてみることです。
[br num=”1″]
これで改善することも多いのです。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
では初期化したiPhoneはどうなってしますのか。
[br num=”1″]
購入した時の状態(もちろんデータは一切入ってません)になります。
[br num=”1″]
そういった時にバックアップがあればそこからデータを戻せるのです。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
ではどのようにバックアップするのか。
[br num=”1″]
方法は様々ですがAppleが推奨してる方法はitunesとiCloudの二つです。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
まず、iCloudでバックアップが出来る項目は、音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴、
iOSデバイスの写真とビデオ、デバイス設定、App データ、ホーム画面とAppの配置、iMessage、テキスト(SMS)、およびMMS、メッセージ(バックアップ中に使用したSIMカードが必要)、着信音、
Visual Voicemailのパスワード (バックアップ中に使用したSIMカードが必要)、
ヘルスケアデータ、HomeKitの構成などがあります。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
iTunesのバックアップ項目はさらに広く、App Storeで購入したAppのデータ、
Appの設定、環境設定、書類などのデータ、
App内で購入したもの、
カメラロールの写真・ビデオ、
連絡先とよく使う連絡先、
カレンダーアカウント、イベント、照会したカレンダー、
Safariブックマーク、Cookie、履歴、オフラインデータ、および現在開いているページ、
Webページの自動入力、
オフラインのWeb、Appのキャッシュ/データベース、
メモ、
メールアカウント、
Microsoft Exchangeのアカウント設定、
通話履歴、
メッセージ、
ボイスメールトークン、
ボイスメモ、
ネットワーク設定、
キーチェーン、
Game Centerアカウント、
壁紙、
位置情報の使用を許可したAppおよびWebサイトの位置情報サービスの環境設定、
ホーム画面の配置、
インストールされているプロファイル、
マップのブックマーク、最近の検索、およびマップに表示されている現在位置、
Nike+iPodの保存済みのワークアウトと設定、
キーボードショートカットと保存されている変換候補、
証明書の信頼性の確認がとれない信頼済みのホスト、
ウェブクリップ、さらに暗号化バックアップを設定することによってヘルスケアデータ、
保存したパスワード、LINEのトーク履歴がバックアップ対象に加わります。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
[br num=”1″]
ネックはitunesはPC環境が無ければ出来ない点、iCloudは5GB以上はお金がかかる点です。
[br num=”1″]
[br num=”1″]
さらにサードパーティーでLightningコネクタから直接さすだけでアプリが起動し自動でバックアップしてくれるアクセサリーもあります。
[br num=”1″]
方法は様々ですが絶対にバックアップは必要です。ご自身にあった方法で実施してください。