iPhone ガラスフィルムの選び方|土浦市

投稿日: カテゴリー: iPhone コラムiphone修理 液晶

当店は、修理の他にiPhoneのアクセサリーも取り扱っております。

画面を割ってしまって、修理を依頼してから初めてフィルムを貼るんだって方も少なくありません。

ですがフィルム一枚貼っているだけでも、故障の予防には絶大な効果を発揮します。

素材も様々ですがその中でもガラスフィルムについて今日は説明します。

液晶そのものがガラスの為に、落下などで衝撃を与えると割れます。

そのガラスを二重にするのがガラスフィルムです。

結局ガラスじゃん、、、と思うかもしれませんが、ガラスは割れるとその割れていく方向に衝撃を流します。

結果、まずフィルムが割れてその衝撃が左右に逃げ、本体画面のガラスに「到達しなければ」割れずに済むという理屈です。

フィルムの中では一番割れ防止に有効と言えるでしょう。

それではガラスフィルムの選び方です。

値段もピンキリですが、その理由として
1:硬度
2:厚さ
3:効果

これが大部分を占めます。

まず硬度ですが、単位はHと書いてあります。
なんの単位?と思うかもしれませんが、みなさんこの単位を必ず一度は使ってるんです。

答えはえんぴつです。

HBとか2Hとか選んだことありますよね。
一般的に人間の爪が2H程度だと言われております。

在来の液晶保護フィルムが3〜4Hです。

当店で取り扱うガラスフィルムは8〜9Hで鉄より強くナイフの刃より弱いという位置付けです。

厚さは、液晶からの距離になるのでお好みですが、薄い方が金額が高いです。

また効果としてブルーライトカットや覗き見防止などがあります。
これらもご自身で必要なものがあれば選んでみてもいいでしょう。

また金額には大きな変化はありませんが、光沢やマットといった仕様も各種あります。

例えばマットの方がゲームをするのに適してるなど仕様方法にも影響があるのでご参考までに。

フィルムだけでなくケースや各種充電アクセサリーの取り扱いもございますので、お時間あれば是非当店まで足をお運び下さいませ。